2015年01月29日

ヴォクシー ハブボルト外れ?

今回は珍しいトラブルです。
車はトヨタのヴォクシー。
DSC_0808.jpg

走行中にいきなりリヤタイヤがロックして、その後ABSのワーニングランプが点灯したとのことでした。
DSC_0793.jpg

さっそく点検してみると左リヤタイヤのナットが一つ付いていません。
よく見るとハブボルトも見当たりません!
DSC_0790.jpg

もしやと思いホイールとドラムを外してみると、中に外れたハブボルトが落ちているではないですか…。
DSC_07981.jpg

原因はこの折れたボルトがドラムの中で回っているうちにブレーキの隙間のどこかに挟まって左リヤタイヤをロックさせたのです。
DSC_0800.jpg

ABS警告灯はその時にタイヤ四輪の回転差を異常と判断し点灯したものでした。
ハブボルトが外れた原因ははっきりしませんでしたが、過去に一度外したことがあるのかもしれません。
一度外したハブボルトを再使用すると嵌め合いが甘くなることがあります。再使用せず新しくしたいところです。
DSC_0803.jpg

DSC_0806.jpg

更によく見るとテーパータイプのホイールナットを使用しなければならないホイールにホンダ車用の球面タイプのナットが取り付けられていました。
これは実に危険なので注意してください!
ボルト折れなどトラブルの元です。
DSC_0796.jpg

さらにタイヤ交換の時にはしっかりとトルクを管理してホイールナットを適正トルクで締め付けたいですね。
締めすぎもボルト折れの元になります。

最後にもう一つ。
いくら良い工具を使用してもホイール裏側の合わせ面や車両側のホイール合わせ面が錆などで凸凹になっていては何の意味もありません。
ワイヤーブラシなどでよく清掃してから取付しましょう。

<おまけ>
そういえばこの前「虹のはじまり」を生まれて初めて見ました。
2015012309570000.jpg
posted by SSWORKS at 16:18| WORKS