2015年01月31日

Z33 マフラー修理

今日は日産フェアレディZ33のマフラー修理です。
IMG_4015.JPG

装着しているマフラーは純正品で、排気漏れ箇所はリヤタイコとセンターパイプを繋いでいるフランジ部です。
IMG_4014.JPG

修理するためにはまずマフラーの取り外しからですが、錆が原因で排気漏れしているマフラーの場合はボルト・ナットが普通に外れることはまずありません。
ここはガスであぶって緩めます。
IMG_4016.JPG

リヤマフラーを取り外してフランジ部を見るといたとパイプの繋ぎ目に三日月状の大きな穴が空いています。
このフランジ形状の日産車はここが錆びやすいらしく、他の日産車でも同じ状態になっているのをよく見ます。
IMG_4018.JPG

まずは浮いている錆をベルトサンダーで削り落とし、表面を溶接しやすい状態にします。
IMG_4019.JPG

次に穴の形に合わせて半自動溶接で少しずつ穴を埋めていきます。
表・裏どちらからも溶接することで肉厚を稼いで長持ちするようにしますよ。
IMG_4020.JPG

IMG_4021.JPG

最後に耐熱塗料を塗って出来上がり。
IMG_4022.JPG

マフラーを取り付ける時には純正ガスケットのほかに耐熱タイプの液体ガスケットを併用して排気漏れに万全を期しておきます。
IMG_4023.JPG

IMG_4024.JPG

今回のようにマフラーの錆びたボルトを緩める時には潤滑剤を吹き付けてから作業すると良いとよく言われていますが、作業しようと思う直前に吹き付けてもほとんど効果はありません。
潤滑剤に頼る場合には作業する2〜3日前くらいから複数回吹いて、潤滑剤をよく染み込ませておくのがコツです。

今すぐ緩めたい!という場合はやっぱりガスであぶるのが一番ですね。
posted by SSWORKS at 16:59| WORKS